ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> ダンボールトラックの注意点

ダンボールトラックの注意点

ダンボールトラック 注意

ダンボール箱の梱包の仕方に注意を払う必要があるようです。

片面ダンボールをパットとして使われる場合は、細かいカットが必要になってくるのです。

センターラインの街路樹、曲がり角にあるカーブミラー、商店の看板、民家の植木、など気をつけなければならないものはいくらでもあるのです。

あまり慣れていない車でも前方と地面には意外と気が回るのですが、自分の目線より高いものには気が回らない場合が多いのです。

引越業者を選ぶ際には悪徳業者に引っかからないように、悪徳業者の営業手口を知っておく事も引越しを成功させるには大切なポイントになっているのです。

また、悪質なケースだと、会社の方針でそういうことをさせる業者もあるのです。

引越しの梱包で、神経を使うのが食器などの割れ物の梱包だと思うのです。

シングルカッター、ロール断裁機があるようですので、お客様のご要望のサイズにカットしてご提供することができるようになっているのです。

シートカットについては、6cmから可能ですので、小さいシートや細長いシートにも対応できるようになっています。

高さも普通車とは大きく違うのです。

特に引越しの荷物を積んだ状態ですと地上から3m~4mなどすぐに到達するのです。

普段普通車ばかりを運転していると気が付かなくて当然なのですが、高さ制限3m弱の道路や高さ制限2.5m弱の駐車場などは意外に多いものだと思うのです。

ダンボールを構造する段の種類は、一般にAフルート、Bフルート、Wフルートの3種類があり、30cm当たりの段の数によって規定され、各々特性に応じて使い分けられているのです。

業者の方にお願いすると、そのような心配はないのですが、自分で梱包の場合だと気をつける点もあるのです。

例えば、お皿は直接重ねないで1個ずつ新聞紙などで包むようにしましょう。

そしてダンボールの底には、クッション材などを敷いておくようにしましょう。

さまざまな色の片面ダンボールを、切ったり、ちぎったり、貼り付けるなどして、工作の材料として使われているようです。

いつも通りの道をいつもと同じ感覚で通行していますとトラックのホロをひっかける、荷台の荷物が引っかかるなど思わぬ事故に繋がることがあるのです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。