ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> ダンボールの積み上げ

ダンボールの積み上げ

ダンボールトラック 積み上げ

最悪トラック内で積み上げることができなくなってしまって、契約したトラックで荷物が積みきれないって事にもなりかねないようです。

追加料金がかかってしまっては、ショックですよね。

引越し業者は基本的に貴重品や危険物など、ペットなどの生き物の輸送はしてないようです。

大きさはもちろんのこと、強度もダンボールを選ぶ際の重要なポイントとなっているようです。

荷物を荷台に積む基本はなるべく平らにしましょう。

平らに積むことにより、急ブレーキや急発進、急カーブを行ってしまっても、荷崩れをある程度防ぐことができるのです。

ダンボール箱を詰め込む際には、いろいろな工夫の仕方というものがあるようです。

このことをあらかじめ知っておくと、引越しのときに作業がスムーズに行くようです。

軽トラックや平トラックに荷物を積む際は、あまり高く積み上げないように注意するようにし、しっかりとロープで縛ることが必要となってくるのです。

もし雨よけ用のシートが付属しているのであれば、シートごとロープで縛ることによって荷物の落下を防ぐこともできるのです。

もし貴重品が荷物に紛れてしまって、盗難や事故などの被害にあっても引越し業者の保証対象外となってしまうようです。

なので自己責任となってしまうのです。

そのような事を避ける為にも、貴重品は専用の箱や袋を用意して自分で運ぶようにしましょう。

貴重品の中には株や有価証券、骨董品なども含まれているのです。

強度は、ダンボールの厚さとライナーの紙質の組み合わせで決まるようです。

きちんとした強度計算をプロのページから行うことも必要です。
こちらのダンボール箱の強度計算は使いやすいです。

環境などを考え、リサイクル可能な片面ダンボールを、緩衝材の役割として発泡スチロールの代わりに使われることもあるようです。

荷物の落下により後続車等が事故を起こしますとそれは全て荷物を落とした運転手の責任となるのです。

最優先することはたくさん積むことではなく荷物を落とさない、崩さないことなのです。

これを忘れないようにしましょう。

どうしても運ぶことが出来ないような荷物の場合には、宅配便などの貴重品輸送サービスを利用したり、引越し業者がオプションで用意しているサービスを利用すると安心なのです。

特殊な紙を、ライナーと段の両方に使用し、片面ダンボールにしているようです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。