ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> 安全なダンボールとトラック

安全なダンボールとトラック

ダンボールトラック 安全

水にぬれてもはがれないのが特徴となっているようです。

ダンボール箱やカラーボックスなど小さいものをトラックの先頭に積むのです。

このことにより旧居ではこまごまとしたものがなくなりますので大きな家具などを梱包しやすくなるのです。

パソコンの梱包なのですが、購入したときに入っていた箱に入れて運ぶのが一番安全なのですが、箱は捨ててしまったという人も多いと思います。

その場合は、エアーキャップや、厚手のバスタオルなどを頑丈に巻きつけて、十分注意して運ぶようにしましょう。

ダンボールのサイズは、中に入れる物の大きさや配送料金を考慮して選ぶのがポイントとなっているようです。

本や食器など、比較的重たいダンボール箱を下に、衣類などの比較的軽いダンボール箱を上に積むことによりに崩れ防止を防ぐこともできるのです。

もしガラス板や絵画、姿見など、平らで壊れ易いものがあるのであれば、しっかり梱包した上で進行方向と水平に立て、ダンボール箱とダンボール箱の間に挟んでおくと良いと思います。

ダンボール箱に荷造りをするときに、悩んでしまうのが、どこから手をつければいいかという問題になってきます。

引っ越し業者は、ダンボール・トリコン・ガムテープも無料でくれるところもあるようですし、梱包が難しいものは任せられるし、引っ越し後のダンボールの回収までしてくれるところもあるようです。

レンジ台やパソコン台、椅子など比較的小さい家具をダンボール箱の後ろに積むようにしましょう。

あまり無理をして高く積み上げないことがポイントになってくるのです。

もう少し高く積めそうだと思ったら、上に布団袋や軽めのバッグ、折りたたんだじゅうたんやカーペットなどをのせておくと良いと思います。

ですがどうしても心配な場合には、専用の箱に入れて運んでもらうこともできるので相談してみるといいと思うのです。

引越し業者さんに梱包資材まで全てお任せしていない場合には、自分でダンボール箱などを用意することなってくるのです。

すぐに引越し業者に追加を頼んでも、なかなか持ってきてもらえなかったり、追加料金を払わなくてはいけない場合もあるようです。

たんすや冷蔵庫、背の高い本棚などを積み込むようにしましょう。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。