ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> ダンボールと家具をのせる

ダンボールと家具をのせる

ダンボールトラック 家具

スーパーなどでダンボールをもらうのも方法の一つとなっているのですが、耐久性などを考えるとあまり向いていないと言われているのです。

大きな家具だけを新居に配置し、本当にこれで問題がないかをしっかりと考えるのです。

ダンボールケースなどを新居に入れてしまった後での配置変えは大抵の場合大きな労力がかかることとなると思います。

ダンボールの組み立て方なのですが、普段はガムテープを使わずに、交互に組み合わせる方法で、使用している方もいるかと思うのですが、底や上を閉じる時は、必ずガムテープを使うようにしましょう。

壊れ易いもの、傷がつき易いものは使わなくなった毛布や布団でくるんで運ぶと良いと思います。

もし毛布や布団がないのであれば、ダンボールケースを家具とトラックの壁の間、家具と家具の間に挟んでおくのも効果的になっています。

引越しの荷物は梱包のやり方次第で大きさやダンボールの箱数が大きく変わってくるのです。

本などの重い荷物はできるだけ小さなダンボールへ、衣類などの軽い荷物は大きなダンボールへ入れるようにしましょう。

こんな時にあると便利なのが、衣装ケースです。

これは転勤族で引越しを何度も経験している知人が教えてくれたのですが、衣装ケースは中身が入っていなければコンパクトに重ねておくことができるようです。

特に食器棚や本棚など前面にガラスがついている家具は周囲のものにも気を配り、何か落ちてこないか、倒れてこないかなどをチェックしておくようにしましょう。

何も考えずに詰めてしまうと、あまりの重さに運べなかったり、腰を痛めてしまうことがあるからなのです。

小さめのダンボールなどから先に運びたくなるのですが、大きい家具などから搬入するようにしましょう。

小さい荷物が先に入にあると、あとから家具の配置を変えるなどの希望があった時に配置変更しにくくなってしまいます。

家具の配置なども、配置図を作成しておくなど、あらかじめきっちり決めておくことが大事なのです。

ダンボールの側面にまでガムテープを貼って、びっちりと封をする方がいるのですが、そこまでする必要はないと思うのです。

もちろんしっかりしているので、重いものをいれても大丈夫です。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。