ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> ダンボールを積む際の順番

ダンボールを積む際の順番

ダンボールトラック 順番

また衣装ケースは透明なので、中に何が入っているかも一目瞭然です。

積み込む順番をある程度決めなくてはならないのです。

定番の積み方としては、最初にダンボールを荷台の前からキッチリ積むのです。

この時、重いダンボールを下の方に、軽いダンボールや重ねにくい荷物を上部に積むようにしましょう。

私も実際に引越しをする時には、衣装ケースが大変役立ちました。

具の搬入が済まないのにダンボールを開けて中の物を出してしまう方は多いと思うのです。

ダンボールの中を出すのは一番最後にするようにしましょう。

大きな家具の配置が全て決まり、ダンボールの荷物を全て運び終わり、ダンボールの個数、種類を確認してから開けるようにすると整理しやすくなるのです。

ダンボールに荷物を詰めて、一つ梱包を完成させた瞬間は、そのダンボールに何が入っているかは、もちろんわかると思うのです。

積むのは洗濯機などで今度は食器棚などが倒れないように抑えていくのです。

こうして前の方から徐々に高さを低くして、最後に布団を上に載せるのです。

小物類などは適度に上部に積んで、最終的には平らになるのが理想なのです。

また隙間はできるだけ作らないようにしましょう。

家大きな家具などがある場合、引越し先のエレベーター、玄関などのサイズを確認するようにしましょう。

家具サイズのポイントは、一番長い辺の長さと、一番短い辺の長さを覚えておく又は、記入した用紙などがあれば便利なのです。

効率よく進める為にも、どのような方法で搬入されていければいいのかというイメージを前もって決めておくと良いと思います。

運送業をするために、国土交通省からの許認可が必要となるのです。

キッチン用品、衣類、小物などすぐに使う物と使わない物を何個かに分けていれたようです。

使わない物は、そのまま収納庫へ使うものだけを荷解きすれば良いので、とてもラクチンなのです。

箱車の10トン車の天井まで積むのか、平ボディの10トン車に横のあおりまで積むのか、箱車の後ろのドアから積むのか、ウイング車のウイングを開けて横から積むのかによって、時間は大分、変わてくるのです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。