ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> 一般的なトラック

一般的なトラック

ダンボールトラック 一般的

一般貨物自動車運送事業者 トラックで個人や法人の荷物を運ぶ業者のことなのです。

一般的には一番多い形態になっているのです。

貨物利用運送事業者 自分はモノを運ばないが、お客さまから依頼を受け、別の運送業者に運ぶ事を委託する業者なのです。

衣類やその他の雑貨用には、衣類がしわにならない程度に折りたたんだ大きさよりも、底面が大きいものがよいと思うのです。

ダンボールならば使用後はゴミとして出すか、引越し業者に回収にまわってもらわなくてはいけないのですが、衣装ケースならば何にでも使えるようです。

箱車の10トン車に、後ろのドアから天井までぴっちり積む場合、その方の体力や慣れによってくるのですが、大体、2時間以内で積めると思うのです。

古いダンボール箱を使う場合にはまず古いテープ等をはがすようにしてください。

また、ダンボール箱が弱くなっている場合は補強のためテープをH字型に貼り、割れ物は入れないようにしてください。

軽トラックで引越をする際にはその大きさが重要なポイントになってくるのです。

お手数ですが、全部の荷物が入るのか必ず確認をするようにしましょう。

貨物軽自動車運送業事業者 軽トラックで荷物を運ぶ事業者のことなのです。

軽トラック1台でも大丈夫なので、個人引越し屋の場合が多いようです。

引越途中に荷物や部屋などにキズをつけられてしまったのです。

普通引越し屋さんのほうが保険に加入してますので、不具合があったら保険がおり普通は保障してもらえるのです。

しかし業者によっては保険に入っていなくて、いいかげんな対応しかしてもらえなかったりするのです。

底に車輪がついていれば、さらに使い勝手が良いと思うのです。

灯油缶ならば3缶入れる事ができるようですから、玄関から収納場所までコロコロと転がしていけばいいようです。

引っ越し作業中、ダンボールを運ぼうとした時に、中で割れ物が擦れ合う音がした時など、その時点でお客様に中を開けてもらい、このままだと荷物が破損する旨を伝えて、中を確認してもらったものです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。