ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> ダンボールを積むトラックの保険

ダンボールを積むトラックの保険

ダンボールトラック 保険

段ボール箱の耐圧強度は、角が最も高いのでそこを使い積段するブロック積みが耐圧に最も強くなり、箱の角が下段の段ボール箱の中間辺に当たると45%ほども弱くなるようです。

ブロック積みの段ボール箱が少しずれただけでも、29%耐圧は下がるのです。

保険に関しては大手の引越し業者でも保険の範囲や補償額が違う場合もあり、しっかりと確認しておく方が安心だと思うのです。

料金を時間制で決めている良い業者ももちろんあるのです。

しかし、悪質業者の中にはわざとゆっくり仕事をしたり、遠回りの道を選択して時間稼ぎをする事もあるのです。

荷物が多い人は電話だけの見積もりではなく、実際に荷物や現場を見てもらうことが大切になっているようです。

当日になって、用意した車に荷物が入りきらないとか、建物の前に車が入れないといったトラブルが起きると、費用だけでなく時間もムダになるようです。

引越しの荷物を入れるダンボール箱は、荷物の種類に応じて大・中・小と大きさの異なるものを複数そろえておくようにしましょう。

破損の防止には皆さんと引っ越し業者がともに取り組む必要もあるのです。

早めにダンボールに詰めてしまうと、万一必要になったときにまた出して梱包しなおしなんてことになりかねないので注意が必要なのです。

大型のダンボール箱は、その用途から電気屋や薬局で比較的手に入りやすいため、お店の人に相談してもらってくるようにしましょう。

中・小型のダンボール箱は、スーパーやコンビニに置いてあることが多いですので、多めに集めておくようにしましょう。

当日来るスタッフが慣れているか慣れていないかという事もあるかもしれないと思います。

見積りに来た営業の応対や電話の対応のし方から感じとるという事も必要になってくるのです。

値段が割安 大手引越し業者に比べると料金が割安となるようです。

割安になるわりにサービスは大手に近い内容なのです。

割引してくれる業者が多い。

繁忙期ではないとかなり値段が下がることがあるのです。

出来るだけサイズを統一する方がトラックのスペースを有効に使えるのです。

スーパー等でのダンボールは素材として弱い事があるようです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。