ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> ダンボールを運ぶ

ダンボールを運ぶ

ダンボールトラック 運ぶ

小さく軽いものを先にトラックに積み、家具などの重く大きいものを先に運び出し出来るように積み込むことで、搬入が容易となるのです。

重いものを下、軽いものを上に積むのです。

ダンボールの正面を揃える。

箪笥や冷蔵庫の正面をトラックの壁につけ、隅間を毛布などで保護し、移動中や搬出・入時の正面の接触を少なくし、最悪キズついても目立たないようにしましょう。

普段は読まない本、CD・季節外れの衣服など使うことの少ないものからまとめていくようにしてください。

ダンボール箱の作り方は箱の底は十字に、蓋部分は合わせ目にそって真中1本にガムテープを貼るようにしてください。

細かく積みつけという作業が必要になるのです。

食器など重く破損しやすいものは下に、軽くつぶれやすいものは上に、というのが基本となっているのです。

箱や荷物の形状によっては思うようにいかないかもしれないのですが、パズルを組み立てるような感覚で、できる限り基本に忠実に積みつけていくのです。

会社によって質のムラがある 事故のときなども保障の範囲がせまかったり、保険がないところもあるので見積りの時に気になる点を確認するようにしましょう。

梱包も安心できない場合があるのです。

スタッフの良し悪しが多いのも中堅業者が多いのです。

作業態度・言葉遣いなどアルバイトへの教育がしっかり行われていない事もあるのです。

本などの紙やCDはダンボールに詰めると非常に重たくなるようです。

大きなダンボールに詰めて持とうとすると、重たくて持ち上がらないこともしばしばあります。

プロでさえ一人前に積めるようになるには時間のかかる作業なのです。

隙間なく荷物で埋まるよう、左右の重量バランスも均一になるよう工夫してみるようにしましょう。

重たいものは小さいダンボールに小分けにして、運びやすくするのが引越しの荷造りは大変になっているようです。

宅配業者で送ることはもちろん可能となっているようです。

引越し業者に依頼するまでもないと思うのです。

空いてしまった隙間などには座布団やクッション、カーペット、ビニール袋に入った衣服などを押し込んで、隙間がなくなるようにしましょう。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。