ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> ダンボールの隙間を詰める

ダンボールの隙間を詰める

ダンボールトラック 隙間を詰める

必要のない毛布などがあればそれを隙間に詰めてしまうのもいいと思います。

かなり安い業者が多く大手に比べるととっても安いのです。

軽トラックなので小回りがきいて、転居した先の前の道幅が狭くてトラックが入れないなどという心配はほぼないと思います。

しかし、業者によって良し悪しが違うようです。

ただし、梱包は自分でちゃんとしなくてはならないようです。

エアーパッキンがあると重宝するようです。

ほかには、ダンボールや新聞紙、粘着テープなどを使用するようです。

お金をかければ、引越し業者が梱包も全てやってくれるのですが、なるべくならお金はかけずにやりたいものです。

荷室内の積み上げられた荷物の高さが、前から後ろまで均一になるよう調整しながら積み込んでいくのです。

こうすることで輸送中の加減速で荷物が前から後ろへ飛んでしまったり、後ろから前へ飛んでしまうという暴れを防ぐことができるのです。

梱包にまず用意しなくてはいけないのが、ダンボールです。

引越し業者が無料でくれるサービスもあるのですが、足りなくて困ったという人も多いようです。

中間にポッカリと空いてしまった隙間などには、布団袋などを上から落としてやると荷物同士が落ち着くのです。

座布団やクッション、ビニール袋に入った衣服などでもいいと思います。

運送会社は配達するだけですので荷物の扱いが引っ越し専門のところより良いとは言えないようです。

梱包するときなど、自分がわかりやすいわけ方でダンボールにつめることができるようですから、段取りよくやれば効率もあがるようです。

荷物が積みきれないほどあると思われる場合には、最前列から無駄な隙間なく床から天井までびっしりと積み込んでいかなければいけないのです。

荷物が多い場合にはタンスの中、棚などのスペースも無駄なく入るものは入れていくという工夫が必要になってくるのです。

個人でやっている人が多いので、選んだ業者によっては失敗が多いのも事実なのです。

多くの荷物を運べない・トラックに乗り切らなった場合、もう一台クルマを用意するので結局普通に引越し業者に頼んだ方がよかったという事もあるのです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。