ダンボールトラックトップ >> ダンボールトラック >> 軽貨物運送業者とダンボール

軽貨物運送業者とダンボール

ダンボールトラック 軽貨物運送業者

手伝うことになる場合が多い。

普通は軽貨物運送業者さんは軽トラック1台、作業スタッフ1名で来るのです。

なので搬入などの手伝いをすることになるかもしれないと思います。

産業廃棄物では、廃棄物の輸送についてもマニフェスト発行などの厳しい規定があるようですが、一般廃棄物の運搬・収集は、産業廃棄物とは扱いが違うようです。

運搬とはある物を他の場所へ移す事なのです。

形の整ったダンボールや家具で荷物を積上げる土台を作り、その上に積めるものは積み、積めないものは一旦よけておき、次の土台を作る、という作業を繰り返すのです。

また適度に背の高い家具などで積上げた荷物がくずれないよう、要所要所を押さえていくのです。

この動作は運輸または輸送に対しある一定の限られた範囲内で行うのが特徴で、人力や巻き上げ機、運搬機などを用いる事が多いのです。

運搬のみ任せるプランとはどのようなプランなのでしょうか。

手を離すと倒れてくるような積み込みでは、間違いなく転居先でトラックの荷台の扉を開けたと同時にお店を開く結果となってしまうのです。

キズをつけられるのは覚悟しなければならないのです。

梱包は基本的に、自己責任となるのです。

キズがついても、そのまま運ばれてしまうことがほとんどなのです。

訪問見積りが基本になっているのです。

面倒でも後々のことを考えると、実際に来てもらうのが良いと思うのです。

梱包した状態でおいておくのは一晩なのですが、あまり水をやりすぎると水漏れで他の家財に影響がでるようですので注意するようにしてください。

ガラス製品など特に破損しやすいものは、一番先に降ろすようにしましょう。

これは荷降ろし作業を開始した後では、疲労などで注意力が低下してしまう可能性があるからなのです。

お引越前にしっかり打ち合わせされることをお勧めできるのです。

これは、梱包や開梱は自分でやることが前提となっているようです。

ガラス板や鏡などは一番最後に荷台と荷物の間に挟みこむように立てた状態で積み込むと破損しにくくなるのです。

またそこにそれらを積み込んだことを忘れないようにしてください。

安全と安心 養生や梱包もしっかりしてくれるので、安心なのです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。