ダンボールトラックトップ >> ダンボールとトラックの関係 >> 運転免許について

運転免許について

トラックの運転免許は、運転するトラックの大きさや種類によって異なっています。

これまでは大型自動車は最大積載量5t以上のものとなっていましたが、大型運転免許制度が改正されて自動車の種類の中に"中型自動車:最大積載量6.5t未満"が加わったことによって、大型自動車は最大積載量6.5t以上のものを言うようになりました。

このために平成19年6月2日までに普通免許を取得した人は、最大積載量5t未満のトラックを運転できる"中型免許"ももっていることになるのですが、平成19年6月2日以降に普通免許を取得した人の場合は最大積載量3t未満のトラックしか運転できないことになっているために、たとえば最大積載量4tのトラックを運転するには新たに"中型免許"を取得しなければならなくなりました。

また、最大積載量6.5t以上のトラックを運転するためには、"大型一種免許"が、トラクターなどの特殊なトラックを運転するには"大型特殊免許"が必要になりますが、その際には20歳以上で普通免許経歴が2年以上あるということが条件となっています。

トラックの作業は積み込みが大きな部分を占めていますが、この際に使用されるフォークリフトにも運転免許が必要ですので、ドライバーはトラックと同時にフォークリフトの運転免許も取得しておく方が良いと言われています。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。