ダンボールトラックトップ >> ダンボールとトラックの関係 >> ダンボール回収に使われるのトラック

ダンボール回収に使われるのトラック

街でよく見かけるトラックに、"古紙回収業者のトラック"があり、大型車から3トン車平ボディーまでのトラックがよく使われていますが、機密書類などはウィング車、生ごみや不燃ごみ、空き缶、ダンボールの回収では "パッカー車"というように回収されるごみの種類によってトラックも使い分けられています。

また、古紙を回収するトラックはさらに"雑誌の回収専用のトラック"、"新聞紙の回収専用のトラック"、"ダンボールの回収専用のトラック"と回収する古紙の種類によって1台ずつ分けられていて、すでに第一段階の分別が終わった状態で古紙は"製紙原料問屋"へと運ばれて行きます。

工場に着くとトラックごと重さを量ることができる装置があって、トラックはその地点まで行ってまず荷物を積んだままの重さを量り、その後でダンボールを捨てたトラックの重さを量ることによって、搬入したダンボールの重さを計算することができ、それに応じた代金が支払われるという仕組みになっています。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。