ダンボールトラックトップ >> ダンボールとトラックの関係 >> リサイクルされるダンボール

リサイクルされるダンボール

現在、ダンボールのリサイクル率は95%を超え、"リサイクルの優等生"とまで言われているように、使い終わっても決して"ごみ"にはなりません。

たとえばプラスチックの容器をリサイクルする際には、洗浄や粉末といった何段階かにわたる工程が必要となってきますが、ダンボールは水だけで繊維に戻すことができるために二酸化炭素を発生する心配もなく、やはりその名の通りあらゆる面においてトップクラスの素材だと言うことができます。

家庭や事業所などから排出されたダンボールは、古紙回収業者のトラックによって回収されて一旦"製紙原料問屋"へと運ばれます。

そこで選別されたダンボールは、油圧圧縮梱包機で圧縮されて大きな固まりになり、次の"製紙メーカー"へと運ばれます。

ちなみに、ダンボール以外のきれいな古紙はトイレットペーパーやティッシュペーパーに、雑誌は、絵本やダンボールに新聞紙は、新しい新聞紙や週刊誌、印刷用紙に生まれ変わりますが、ダンボールはほとんどがダンボール箱にリサイクルされています。

たとえば、1個のダンボール箱を作っている原料の90%以上が古紙であるのを見てもわかるように、ダンボールのリサイクルシステムは日本ではほぼ完成されています。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。