ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> 形状による種類分け

形状による種類分け

ダンボール箱はその"形状"によっても種類分けされています。

まず1つ目の"みかん箱タイプ"とも呼ばれる"A式"は、通常私たちが一番よく目にするダンボール箱で、底面と天面とをガムテープなどでとめて使用するために再利用する際には一旦テープを剥がして新たに貼り直すという手間はかかりますが、最もコストパフォーマンスに優れたタイプです。

2つ目の"ヤッコ形タイプ"とも呼ばれる"たとう式"は、風呂敷でものを包むように4方を立ち上げて包み込むように梱包するダンボール箱で、4隅に隙間ができてしまうという問題点はありますがCDや書籍といった高さが低いものの梱包には適しています。

3つ目の"筒形タイプ"とも呼ばれる"まるめこみ式"は、ポスターやビン、棒などといった細長い物を梱包するのに適したタイプで、品物を包み込むように両サイドのフラップを折り込んで固定させます。

他にも"たとう式"の欠点を改良した"N式上差込"や"N式サイド差込"、テープを使用しなくても組み立てることのできる"上差込下組立式"、"上下差込式"などさまざまな形状のダンボール箱が開発されています。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。