ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> 梱包資材としてのダンボール

梱包資材としてのダンボール

"梱包資材"というとすぐにダンボールが思い浮かぶほど、最近では"ダンボール箱"は運搬において欠かすことができないものになってきました。

ダンボールの"オリジナル印刷が可能"というメリットを生かして、街には商品をPRしたり、企業イメージをPRしているさまざまなダンボールが出回っていますね。

また、通常のダンボール箱の中に紙製の発泡剤を敷き詰めて冷凍品や野菜・果物、などの冷蔵品を安心して運ぶことのできる"ダンボール保冷箱"もあります。

これは発泡スチロールを使った保冷箱と違って、そのまま資源ごみとして処分することができるだけでなく、時間が経過してケース内の水分を紙製の発泡剤が吸い取ることでさらに箱の密閉度が高まって空気の動きを遮断し、保冷力も通常の発泡スチロールを使った場合よりも高まります。

また万一衝撃を受けても発泡スチロールのように割れることがないので、細心の注意を必要とされる血液製剤の輸送にも使われているのだそうです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。