ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> 包装資材としてのダンボール

包装資材としてのダンボール

「荷物運搬用の箱として使われるだけではもったいない!」という発送から、"梱包資材"としてだけでなく、ダンボールは運搬用の品物を衝撃から守ったり製品の価値を上げるための"包装資材"としても使われるようになりました。

"包装資材"というのは直接商品を包むもので、最近では包装を簡略化してできるだけごみを減らそうとする傾向が強くなってきましたが、やはりパッケージ次第で製品のイメージが高まることができるのは事実で、リサイクル率の非常に高いダンボールの素材を最大限に生かしてデザイン性を追求した新商品がいろいろと提案されています。

"ダンボール"というのは、ダンボール箱として梱包用に使われる時には"素朴なイメージ"があるものですが、それに手が加えられて一旦パッケージなどに仕上げられると、同じ素資材でありながらレベルの数段高い"高級なイメージ"が出てくるのは不思議ですね。

リサイクル力、強度、扱いやすさなどに優れた"ダンボール"は、将来さらに新しい製品分野に進出するのではないかと思われます。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。