ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> ダンボールとトラックとの密接な関係

ダンボールとトラックとの密接な関係

完成した製品の梱包材や緩衝材として最も優れた素材である"ダンボール"は、今や流通業においては欠くことのできないものの1つとなっています。

そして日本国内でのダンボール輸送の殆どはトラックによって行われていることから、製造された商品は必ずと言っていいほどトラックに積み込まれて小売店へと運ばれ、そこから再びトラックに載せられて消費者のもとへと届けられていきます。

つまり"ダンボール"と"トラック"とは常に一緒に動いていると言っても良いほどで、"ダンボールを運ぶトラック"という言葉が短縮されて、"ダンボールトラック"と呼ばれることもあるほどです。

また、トラック便には大きく分けて運送会社の営業所間を行き来する"路線便"と一般の消費者を対象とした小口貨物をトラックで輸送する"宅配便"、それに依頼主の荷物に合わせてトラックを手配し依頼を受けた客の荷物だけを運ぶ"貸切便"の3種類があり、それぞれに用途が異なっています。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。