ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> ダンボールが使われるようになってからの運輸業界

ダンボールが使われるようになってからの運輸業界

梱包資材の主流が木箱からダンボールへ転換されるという、いわゆる"包装革命"が起こった時代というのは、第二次大戦に敗れて日本が復興への第一歩を踏み出した時代で、それに伴って交通網が整備されたり、トラックの大量生産が始まったりと運輸業の成長に欠かせないものたちが同時にスタート地点に立ち、一丸となって自らの地盤固めを行いながら日本経済を発展に導きました。

中でも"ダンボール"と"トラック"はまさに"時代の寵児"とも言える存在で、当時の人々の夢をことごとく実現させてきたのでした。

たとえば"トラック"の業界においてはこれまでは不可能とされるようなスピードで荷物を届けるシステムが構築されたり、"ダンボール"の業界においてはトラック輸送中の揺れや衝撃によってダメージを受けると売り物にならなくなるようなデリケートな果物でも、それぞれのパックが宙づりにされるような構造のダンボールケースを開発することによって遠方へも配達することができるようにしたり、ビン物の箱にはダンボール板を組み合わせた仕切板を入れてビン同士がぶつかりあって破損するのを防止する工夫がなされたりと、両者はまるで運命で結ばれた者同士のようにお互いを高めあってきました。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。