ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> トラックに関する基礎知識-6

トラックに関する基礎知識-6

≪Q6≫トラックを運転するには、どんな免許が必要?

......トラックの運転というと、殆どの人は"大型免許"がないとだめだと思っているようですね。

けれども実際には"普通免許"で運転できるトラックもあります。

平成19年6月2日の"中型免許施行"を境に、それ以前の普通免許とそれ以降の普通免許では運転できるトラックが変わってきました。

というのも旧制度では乗車定員が11人までで最大積載量が5トンまでの"普通自動車"と、それ以上の"大型自動車"の2つの区分しかなかったものが、新制度ではその間に"中型自動車"という区分が入り、乗車定員が11人までで最大積載量が3トンまでの"普通自動車"と、乗車定員が30人までで最大積載量が6.5トンまでの"中型自動車"、そしてそれ以上の"大型自動車"という3つに区分分けされたのです。

施行前の大型免許をもっている場合は何の変化もないのですが、これによって施行前の普通免許を持っている人は施行後も普通免許で最大積載量5トンまでのトラックを運転でき、その後免許更新をすると"中型免許"になって6.5トン未満のトラックも運転できるようになります。

ちなみに施行後に普通免許を取得した人でも、軽自動車である軽トラは運転できます。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。