ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> ダンボールトラックの種類-1

ダンボールトラックの種類-1

"トラック"にはさまざまな種類がありますが、その分類の仕方もいろいろあります。
その1つ目は"運転免許"を基準にする方法で、ここでトラックは大型免許の必要な"大型車"、大型免許か中型免許の必要な"中型車"、普通免許で運転できる"普通車"の3種類に分けることができます。

"トラック"の分類の仕方の2つ目は、高速道路などで使われている方法で、4車軸以上の"特大車"や10トン車などの"大型車"、3トン車や4トン車などの"中型車"、1トン車や2トン車などの"普通車"、それに"軽トラ"というように5種類に分けられています。

"トラック"の分類の仕方の3つ目は、陸運局に車両を登録する際に使われる"普通トラック"、"小型トラック"という2種類の分け方で、"普通トラック"(:大型トラック)には1で始まる"1ナンバー"が、"小型トラック"には 4や6で始まる"4ナンバー・6ナンバー"が割り当てられ、ナンバープレートの上段に表示されています。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。