ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> はい作業とは?

はい作業とは?

製造業や小売業、運送業などにおいて、袋物やダンボール箱などを保管や検品目的で倉庫などに積み重ねられている荷物のかたまりを"はい"といい、それらを人力やフォークリフトなどで積み上げる"はい付け"を行ったり、移動させるために荷をくずす"はいくずし"をおこなったりすることを総称して"はい作業"と言います。

そして、労働災害を防止するために荷物の高さが2メートル以上となる場合には、技能講習を受講して"はい作業"に関する知識を備えていることが認定された"はい作業主任者"が、作業を直接指揮しなければならないということが 労働安全衛生法第14条に定められています。

これに関しては労働基準監督署による定期的な立ち入り検査が行われていて、"はい作業主任者"が選任されていないことが分かった場合には、事業所は行政指導や税制勧告を受けることになり、定められた期限までに是正して労働基準監督署に書面で報告を行わなければならないことになっています。

最近では特にトラック運送業界などにおける、フォークリフトを使っての荷の積み下ろし作業時の事故が多発していて、その件数は道路上での交通事故以上に増えているとも言われています。

そこで事業所がフォークリフトの点検を定期的に行い、適切な整備や修理を行うことはもちろんですが、作業に携わる人も事前に車や人、建物、荷物などに接触する危険はないかを充分に確認し、作業中は作業範囲に人が入ってこないかどうかを常に意識しながら制限速度内で運転することが求められています。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。