ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> 強靭なダンボール

強靭なダンボール

トラックにダンボールを積むとき、誤って落とすときもあるでしょう。

そんな時でも、ダンボールは中身を守ってくれます。

紙だけでできているダンボールですが、たかが紙だと思えないほど丈夫です。

しかし、ダンボールにも弱点はあります。

それは、水に弱いのです。

衝撃や落下など、多少の振動なら中の物も安全に輸送することができます。

水ものや雨はダンボールが強靭だと言っても中のものを守ることはできません。

ダンボールを作る時には、専用の液体を含ませて粉々に砕いてリサイクルします。

だから、水には弱い構造になっているのです。

もし、水にも丈夫で壊れない構造なら、リサイクルすることができません。

ダンボールは実はエコ商品だと言うことは知っていましたか?

ダンボールからダンボールが出来上がるのです。

つまり、何度も生まれ変わることができるのです。

だから、トラックに何度も積み込むことでボロボロになってもそれをリサイクルすることができるので、資源のムダにはならないのです。

そして、規格もあるので、大きさ、強度も決まっています。

トラックで運ぶにも最適な道具だと言うことです。

多少乱暴な積み方をしても中身は守られますが、さすがに高いところから落下させる、踏みつぶすことは中身の破損に繋がる行為です。

精密機器もダンボールに入れられトラックで運ばれますが、丁寧に扱うのは当たり前です。

中身は精密機器だからです。

振動、落下などさせたら故障の原因どころか、破損してしまいます。

その代償はその荷物を運んだトラックの責任になってしまいます。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。