ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> トラック輸送の効率化

トラック輸送の効率化

トラックは高速輸送には欠かせない輸送手段です。

国内なら遠くても3日あれば、あなたの手元に荷物が届くことでしょう。

これは、鉄道輸送に比べもの凄く効率が良いことの現れです。

鉄道貨物も場合、専用貨物レールがある訳でないので、深夜のそれも一般の電車が通らない時間帯に輸送を行うのが通常です。

だから、トラックに比べ時間が掛かってしまうのです。

しかし、鉄道輸送の場合、大量に荷物を運ぶことが出来る点ではトラックは劣っています。

それを打開したのが、深夜高速輸送なのです。

集荷したダンボールを集積所に集めるのは夕方まで。

それを大型トラックに積み込むことで交通量が少なくなる深夜に高速を使い運ぶことで迅速な対応をしています。

お歳暮シーズンやクリスマス、年末などは、大量のダンボールが運ばれます。

シーズンになると高速道路はトラックで埋め尽くされてしまいます。

これだけ、ダンボールで送るひとが多いと言うことなのです。

しかし、日本は東西に長いので、気候変化も大きいのがトラック輸送の弱点にもなります。

一旦大雪や事故があれば、高速道路は閉鎖されてしまいます。

その結果、期日に配達できないと言う事態にもなってしまいます。

それほど、トラック輸送と高速道路の関係は深いと言うことなのでしょう。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。