ダンボールトラックトップ >> 運ばれるダンボール >> トラックドライバーの役割

トラックドライバーの役割

トラックを運転する人のことをトラックドライバーと呼びます。

トラックドライバーの役目は、ダンボールを安全に確実に荷受け人に届けることです。

安全運転はもちろんですが、それ以外に荷物の受け渡しもしなくては行けないのがトラックドライバーです。

当然ながら、忙しい時期には、ダンボールの量も多くなり、疲れもあるでしょう。

大型トラックでダンボールを運ぶ場合、深夜に走行することが多いので、居眠りしてしまうこともあるでしょう。

そんなときには、トラックの中で仮眠することで、安全に運転することができるのです。

大型トラックの場合、寝台がついているものもあります。

そこは、横になって仮眠を取ることが出来るようになっています。

長距離トラックのドライバーの場合、1ヶ月間も自宅に帰れないと言うこともあるようです。

全国を走り回り、ダンボールを受け取り、そして下しそれの繰り返しをしながら、全国を走り回ります。

トラックの中がリビングと言うこともあるようです。

ご飯を食べる、寝る、と言ったことを全てトラックに中で行うようになります。

当然、長距離トラックのドライバーの場合、着替えや洗面道具など持参する人が多いのです。

トラックにしてもいつも走りっ放しの状態なので、点検・整備は欠かせません。

大量のダンボールを高速で輸送するのですから、事故を起こしてしまえば、それは重大事故になってしまう可能性だってあるのです。

ダンボールトラックへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。